むし歯

むし歯は自然に治りません。
むし歯になったら、むし歯を削ってプラスチックや銀歯で補強しなければなりません。初期のむし歯は症状を感じにくく、症状を感じ始めた時にはむし歯が進行していることが多いです。歯は削ると弱っていきますので、なるべく削る量を減らすことが重要です。そのために、症状を感じたらなるべく早めに受診しましょう。

根管治療

歯の中の神経を取る治療です。主に中等度~重度のむし歯に行われます。歯科治療の中で難易度が高く、時間と回数を要します。

歯周病

皆さんの口の中の常在菌には、歯周病の原因になる歯周病菌が必ず含まれています。したがって、歯周病になるリスクは誰にでも必ずあるのです。歯周病菌は歯垢(プラーク)の中に存在します。歯垢が除去し切れず、定着が続くと歯周病が進行、悪化します。進行した歯周病はほとんどの場合、元に戻りませんから抜歯しなければならなくなるのです。

予防歯科

歯を抜かなければならない原因のほとんどがむし歯と歯周病です。では、むし歯や歯周病にならないためにはどうすればいいでしょうか?適切な方法で毎日しっかり歯を磨くことです。ほとんどの方が毎日歯を磨いていると思いますが、歯医者さんには毎日むし歯や歯周病に悩んでいる方が通院されています。言い換えればほとんどの方が適切に歯を磨けていないのが現状です。定期的に歯医者さんでクリーニングや歯石取りだけをしていてもあまり意味はありません。適切に歯を磨くことでむし歯と歯周病のリスクを下げることができます。当院で適切な歯磨き方法を学んで、ご自分の歯を守っていきましょう。

小児歯科

当院では嫌がる子供に無理やり治療はしません。大人でも得意でない歯科治療を子供はできなくて当然です。まずは環境と人に慣れることで通院することのストレスを減らし、練習をして本人が治療を受けようとする意思を持つことで治療に進んでいけると考えております。幼少期の歯周病菌の長期間の定着は、将来の歯周病のリスクが上がることがあります。本人だけの歯磨きでは行き届かない部分がありますから、必ず仕上げ磨きが必要になります。永久歯を守るためにも子供の時からしっかり予防に取り組むことをお勧めします。ぜひご家族で通院なさってください。

矯正歯科

歯並びが悪いことでの悪影響は審美性と歯磨きがしにくいことです。以前に比べて歯列矯正への患者さんの関心度は高くなっているようで、昔は矯正治療を受けている子供の方がめずらしかったですが、最近では矯正をしている子供が増えています。もちろん大人の方でも矯正治療は受けられますので、ご興味のある方はいつでもご相談ください。

インプラント

やむを得ず抜歯になってしまった場合に行われる治療法の1つです。抜歯後の治療法として他にブリッジや入れ歯という選択肢もありますが、必ず他の歯を削って治療をしなければなりません。インプラントのメリットは他の歯を削らずに処置ができることです。当院ではインプラント治療を行う前に必ずCT撮影を行います。CT画像は3次元画像なので、通常診療時に撮影するレントゲンより正確な画像診断が可能となります。インプラント埋入部にはインプラントを支えるのに充分な量の骨がなければインプラントを適応できません。抜歯部の骨は時間とともに少しずつ吸収していきますので、なるべく早めにインプラントをすることが望ましいとされています。

口腔外科

患者さんから「親知らずは抜いた方がいいのか?」とよく質問を受けます。
状態にもよりますが、中途半端に親知らずが歯茎の中から見えていたり、方向がまっすぐではなかったりする場合は抜歯することを考えた方がいいことがあります。気になる方は一度ご相談ください。歯ぎしりや顎関節症にも対応しております。